介護職

現場と演習のギャップを無くす

介護職員初任者研修は、現場の声を受け制定された制度である。
介護の現場は動作が重要になる。
このため、現場で行う動きを重要視し実地の研修をすることを目的としているのである。
この制度で、実務と研修の内容とで起きるギャップを少なくすることが可能である。…

食事をする

変化する制度

介護の分野は体系付けられたのが比較的最近である。
このため、介護職員に関する制度も刻々と変化している。
介護福祉士についての資格が定められた当時、介護福祉士を目指す人のための通信講座や学校が多く設立された。
中には高等学校や大学などで福祉を専門に勉強するところもあった。
こうしたカリキュラムで勉強をすれば、独学で勉強するよりも多くの制度や介護の時の作法を学ぶことができる。…

笑顔の女性

段階的なキャリアアップ

介護職員初任者研修は、新しくなった介護に関わる介護職員の養成のための制度である。
以前は初任者研修を必要としなかったが、2013年に介護職員に対して初任者研修が行われることが決定したのである。
このため、ホームヘルパーの二級課程への研修を希望する人が殺到したという経緯がある。…